【東京】人類の営みを、映像から手さぐりする展覧会「映像のフィールドワーク展 ー20 世紀の映像百科事典をひらく」が開催されています!

「観て、触れて、感じて、考える」体験型のプログラムを通じて、子どもから大人まであらゆる世代の人々に「感心と感動」と「発見」をもたらす創造的なプログラムを提案する生活工房で、”映像”にまつわる企画展のお知らせです!

私たちは何を残してきたのか、そして何を残していくのか―。

手から手へ伝えてきた人類の営みを、映像から手さぐりする展覧会

1952 年、第2 次世界大戦の敗戦後間もないドイツの国立科学映画研究所で、ある壮大なプロジェクトが始まりました。その名は「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」(以下、EC フィルム)。世界中の知の記録を集積することを目指した、“映像による百科事典” です。以来40 年余りの歳月をかけ、あまたの研究者やカメラマンが世界各地に派遣され、その地に生きる人々の暮らしや儀礼、動植物の生命活動を16 ミリフィルムに収めました。映像の総数は、実に3,000 タイトル以上にも及びます。

その映像群には、人類が誕生してから連綿とつないできた、「生」そのものが記録されています。道具を作り、狩りをし、果実を集め、土を耕し、料理して食べ、ひもを綯い、衣服を作り、住居を建て、身を飾り、時に祈り、踊り歌い、子を産み育てる―。これらの映像を記録した人々は、未来の私たちに、何を伝え、残したかったのでしょう。タイムカプセルの中身を現代に活かせるかどうかは、私たち自身の手に委ねられています。

今回の企画展では、いまだ全容が解明されていないEC フィルムの映像群から、「住処」「音楽」「料理」「儀礼」「ひも」などのキーワードで拾い集め、約70 作品を会場内の至る所で投影します。映像のなかの世界を紐解くように探索し、来場者の発見が展示に反映されていく参加型の展覧会です。

貴重な映像に出会える「映像のフィールドワーク展」に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント名称  映像のフィールドワーク展ー20 世紀の映像百科事典をひらく
開催期間 2019年3月16日(土)〜4月7日(日)11:00〜19:00 月曜休
会場  生活工房ギャラリー/ワークショップルームAB

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー 3・4階

主催  公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
特別協力

公益財団法人下中記念財団

企画制作

EC 活用プロジェクト〈下中菜穂、丹羽朋子、中植きさら〉、野口靖

協力

株式会社ポレポレ東中野、株式会社東京シネマ新社、NPO 法人アートフル・アクション、NPO 法人FENICS、東京工芸大学芸術学部ソフトウェアデザイン研究室、女子美術大学芸術文化ゼミⅠ(芸術人類学)、昭和のくらし博物館、国際あやとり協会、柳とあそぼう引地川、村橋勲、宮下美穂、吹山なみほ、EC ラボひも部、EC わらしべ調査隊(順不同)

後援

 世田谷区、世田谷区教育委員会

WEBサイト  http://www.setagaya-ldc.net/program/441/
お問い合わせ  Tel 03-5432-1543

関連するキーワード

最新ニュース

【東京】ライゾマティクス齋藤精一氏、NOSIGNER太刀川英輔氏が登壇!特別講演「東京地下ラボPRESENTS 『クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える』 ~見えないものから見えるものまで~」が開催されます!

東京都下水道局が若者向けに東京の下水道情報を発信する「東京地下ラボ」。 昨年度の事業は土木広報大賞2019の最優秀賞を受賞しました...

  • ニュース
  • お知らせ

最新訪問ブログ

カテゴリーから探す

ニュース一覧へもどる