【東京】国立民族学博物館と国立科学博物館の共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」が開催されています!

日本を代表する二つの博物館の共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」が国立科学博物館で開催されています!

祭儀供物用仮面 所蔵:国立民族学博物館

人やものを飾るだけではなく、さまざまな目的のために、多様な素材を使って作られてきたビーズ(Beads)。私たちは、およそ10万年もの間、何のために、どのような素材や技術を用いてビーズを作ってきたのでしょうか。

人像 (.ビーズ製)  所蔵:国立民族学博物館

ジュズダマの生態 画像提供:国立科学博物館

民博と科博。それぞれの専門分野である民族学、自然科学の視点からビーズを眺め、双方の知見を合わせることで、ビーズと人類とのかかわり方を紹介しています。

 

イベント名称  国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」
開催期間 2019年4月9日(火)~6月16日(日)
会場  国立科学博物館 日本館1階 企画展示室、中央ホール
東京都台東区上野公園 7-20
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び4月28日(日)~5月5日(日・祝)は午後8時まで。5月6日(月・休)は午後6時まで)
*入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 毎週月曜日、5月7日(火)(ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)、6月10日(月)は開館)
入館料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料
主催  国立民族学博物館、国立科学博物館
WEBサイト http://www.kahaku.go.jp/event/2019/04beads/ 

関連するキーワード

最新ニュース

【東京】ライゾマティクス齋藤精一氏、NOSIGNER太刀川英輔氏が登壇!特別講演「東京地下ラボPRESENTS 『クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える』 ~見えないものから見えるものまで~」が開催されます!

東京都下水道局が若者向けに東京の下水道情報を発信する「東京地下ラボ」。 昨年度の事業は土木広報大賞2019の最優秀賞を受賞しました...

  • ニュース
  • お知らせ

最新訪問ブログ

カテゴリーから探す

ニュース一覧へもどる