【鯖江】92歳の手書きレシピを料理帳に!伝承料理を未来の子どもたちへつなげたい!クラウドファウンディングでの支援が開始されています。

FAAVOさばえ

うるしの里かわだまちづくり協議会

山田トシさん

福井県鯖江市河和田地区にお住まいの山田トシさん。92歳になられた今も現役の料理の先生として、小学生のお菓子作りから大人の伝承料理教室まで、幅広い年代の方に指導されています。活動を続ける中で生まれた1000枚を超す山田トシさん自筆のレシピには、伝承料理や和洋中・製菓を問わず、伝統ある食文化の継承、食に対する感謝の思いが込められています。

3f10f8a37522151a85f6a8cd30d9f7c0

山積みにされた丁寧な手書きのレシピを後世に残したい。レシピの存在を知った若者たちがそれを残すためにレシピ本の編纂に乗り出し、1年を通してトシさんとまるごとお付き合いをし料理の背景に遡り、信頼関係の中レシピ本を作られました!

そうして出来た「山田トシさんの手料理帳」は地域の「うるしの里かわだまちづくり協議会」の後押しもあり出版記念レセプションでお披露目され、大きな反響を呼んだそうです。

「これはどこで買えるの? これ売ってないの!?」
「この本おいくらなんやろ?私も欲しいわぁ」
「こういう料理がつくりたかったんや。”母親の味”やの」
「懐かしい…。祖母や母の料理を思い出すわ…」
「嫁ぐ娘に持たせたいんやけど…」
「地域の子どもたちにぜひ知ってもらいたく授業で使いたいんですが…」

山田トシさん

当初、販売するために出版されたものではなかったので、数に限りがあった「山田トシさんの手料理帳」ですが、反響を受けてクラウドファウンディング【FAAVOさばえ】にて支援を募り増販を目指すそうです。

支援額に応じて「山田トシさんの手料理帳」のほかにも「山田トシさんと旬の料理をたのしみながらのおしゃべり会の参加権」など、さまざまなリターンが用意されていますので、くわしくは【FAAVOさばえ】の支援ページをご覧ください。

プロジェクト名 山田トシさん/92歳の手書きレシピを料理帳に!伝承料理を未来の子どもたちへつなげたい!
Webサイト FAAVOさばえ 支援ページ
起案者 うるしの里かわだまちづくり協議会

関連するキーワード

最新ニュース

【東京】ライゾマティクス齋藤精一氏、NOSIGNER太刀川英輔氏が登壇!特別講演「東京地下ラボPRESENTS 『クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える』 ~見えないものから見えるものまで~」が開催されます!

東京都下水道局が若者向けに東京の下水道情報を発信する「東京地下ラボ」。 昨年度の事業は土木広報大賞2019の最優秀賞を受賞しました...

  • ニュース
  • お知らせ

最新訪問ブログ

カテゴリーから探す

ニュース一覧へもどる