【東京】地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト- が開催されます。

東京ミッドタウン・デザインハブ

地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-

東京ミッドタウン・デザインハブで、2016年2月18日より第56回企画展「地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-」が開催されます。全国各地で地域の特色を活かした様々な取り組みが行われていますが、それらの取り組みをその土地がもつ価値を改めて見出し「まちを編集」すること、また生活や文化やコミュニティを「編みなおし」と考え、デザインの視点から分析、紹介する企画展です。

会期中にはさまざまなイベントやワークショップなどが企画されており、地方とデザインの現在を知ることができる良い機会になりそうです。

しゃかいか!でも何度か取材をしている、新潟県燕三条地域でのオープンファクトリー「工場の祭典」の取り組みを紹介する三条市長が登壇されるイベントなどや、全国食べる通信リーグの編集長が一同に会する公開編集長会議など見どころが沢山です。

イベント名称(和文) 東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展
地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-
イベント名称(英文) 56th Tokyo Midtown Design Hub Exhibition Local Design Studies:
20 Projects for Regional Revitalization
会期 2016年2月18日(木)~3月6日(日)11:00~19:00
会期中無休・入場無料
※イベント開催日は終了時間を延長する場合があります。
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
Tokyo Midtown Design Hub
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-1
ミッドタウン・タワー 5階
概要 地域の特色を活かしたプロジェクトを紹介する展示とトークイベントを開催
主催 東京ミッドタウン・デザインハブ
対象者 まちづくりに関わる方
地域のプロジェクトに関わるデザイナー・クリエイター
地域のプロジェクトを立案される地方自治体の方、コンサルタント
まちづくりやコミュニケーションに関わる教育関係者、学生
ほか、地域を活かした取り組みに関心のある方
本企画展は、地域に関わる、またこれから関わりたいと考える様々な分野の方々にご来場いただき、
気づきと出会いの機会を創っていきたいと考えています。
企画運営 公益財団法人日本デザイン振興会、事業構想大学院大学
アートディレクション・デザイン UMA/design farm
Webサイト http://www.jidp.or.jp/lds2016/

関連するキーワード

最新ニュース

【東京】ライゾマティクス齋藤精一氏、NOSIGNER太刀川英輔氏が登壇!特別講演「東京地下ラボPRESENTS 『クリエイティブの力で都市インフラの未来を考える』 ~見えないものから見えるものまで~」が開催されます!

東京都下水道局が若者向けに東京の下水道情報を発信する「東京地下ラボ」。 昨年度の事業は土木広報大賞2019の最優秀賞を受賞しました...

  • ニュース
  • お知らせ

最新訪問ブログ

カテゴリーから探す

ニュース一覧へもどる