やっぱりBIG!! “アメリカンビールの王様” バドワイザー in the USA

1Q2A07352

Hello everyone!!
しゃかいか!編集部はアツいものづくりがあればどこへでもいきます、、、
今回はとうとう日本を飛び出し、アメリカで取材を敢行しました!

1Q2A0727

サンフランシスコ市内から車で約50分。
「Yes!まさにビールDAY!」と叫びたくなるような広大な青い空を望み、
バドワイザーフェアフィールド工場へやってきました。
今回はここでの効きビール体験と工場見学の様子をご報告します!

1Q2A07422

いろいろなブランドがあります
まずは、効きビール体験。
自分が選んだコースのビール4種類を味の濃い順にテイスティングしていきます。

日本でよく見る写真中央左の「バドワイザー」とは実は、
アンハイザー・ブッシュ社の製造するビールの1ブランドのことで、
同社は他にも多くのブランドビールを製造しています。

また写真左端BUD LIGHTはスポーツスタジアムなどで一般的な最も軽いビール。
右端SHOCK-TOPシリーズは濃厚なフルーツフレーバービール(オレンジ味)で、
女性にも大人気だそうです。

どれも違った魅力がありついついすべてを飲み干してしまいました。
ちなみに筆者の一押しは、ガツッと味が濃い中央右のROLLING ROCKです。

このようにバラエティ豊富なブランドを持つ同社が製造するビールは
アメリカで実に47.6%のシェアを誇るそうです!

1Q2A08642
1Q2A08482

そしていよいよ工場見学!

1Q2A08472

と思いきや、いきなりガラーンとした空きスペース。
実はこのスペースでは以前ボトルを製造していたそうなのですが、
法律によるボトル販売禁止エリア拡大の影響を受け、
ボトルの需要が下がり、現在は使われていないそうです。
ぽつんと佇む少し寂しげなバスケットゴールを横目に奥のスペースに進みます。

1Q2A08652

広大な敷地にビールタンクがずらり
ひとつ72フィート(約22メートル)のビールタンク。
このタンクひとつで120万本個の缶ビールが製造されるそうです。

1Q2A08742_1

これが180個並ぶ光景はまさに圧巻でした、、、!

1Q2A08782

そしてさらに驚いたのは、このフィアフィールド工場、
バドワイザーの全11の工場の中で10番目の規模とのこと。
一番大きなミズーリ工場はなんとこのタンク300個を収容しているとのことです!

1Q2A08672

コクの秘訣はビーチウッド
このタンカーに沈められたビーチウッドという木から作ったチップが
イースト菌と結びつき、発酵が促進されコクのあるビールに仕上がります。

1Q2A0747
1Q2A0780

残念ながら製造工程は非公開とされており取材はできませんでしたが、
ビデオで少しだけ学ぶことができました。
ホップ、水など良質な素材を使用しており品質にこだわっているとのことです。

1Q2A07412

ご案内いただいたのは、時にユーモアを交えながら
丁寧に教えてくださるDULCEさん。
その姿勢から同社の数あるブランドビールへの誇りを感じました。

思わずさすがアメリカ!といいたくなるようなBIGな工場でした。
ありがとうございました、See you again!!

【詳細情報】

Anheuser-Busch Companies, Inc.主催 "Budweiser Brewery tours"

・BEER TASTING EXPERIENCE(効きビール体験)
 9月から5月の木曜から月曜10:00-16:00
 6月から8月の毎日10:00-17:00
 ※1時間ごとに開催
・FAIRFIELD BEERMASTER TOUR(工場見学)
 9月から5月の木曜から月曜は10:00、14:00から、金曜から日曜は10:00、12:00、14:00から
 6月から8月の火曜から木曜は10:00、14:00から、金曜から月曜は10:00、12:00、14:00から
 ※年始、祝日は休業
URL:http://www.budweisertours.com/z01/index.php/age-gate/

(text、photo:市岡)

関連するキーワード

最新訪問ブログ

訪問ブログ一覧へもどる